All of my faves

好きなモノ・コトを綴るブログ

熱風邪からの自信とプロフェッショナル

情熱大陸で祐真朋樹さんをはじめて知った

「とにかくかっこいいことがしたい」

こんなのシンプルな原動力があるのかと思った

 

ちょうど昨日から熱や体の節々の痛みと戦っていた私は、とにかく安静に寝ていることしか出来なかった

あまりスマホやテレビも良くないらしいし、いつも聴いてる音楽を聴く気にもなれないだるさと重さだった

何かこれからの自分にとって重要なことを考えていようと、ひたすら頭の中をぐるぐる考え回してみたが、突拍子も無い支離滅裂なことしか浮かんでこない

脳もだいぶ弱っていたようだ

 

ちょっと回復してきた時、youtubeで先ほどの祐真さんの情熱大陸をみた

自分がかっこいいと心を動かされたものしか良いと思わない

という言葉に、

そうかそうゆうことか、と

自分の中で何かが腑に落ちた

ずっと自分の中途半端さや、自分の無さ、自分を出すってどうゆうこと?と悩んでいたここ最近

気付かされたのもここ最近

ずっとそのことに気付かなかったくらい、こだわりがなく、根無し草のように流されていたんだなと思うと、心底自分にゾッとした

そんなの好きじゃないはずなのに

 

自分に自信がないから強いものに合わせてしまう

ヘッポコじゃねーか自分。

自分に自信があるかどうかって、他人の評価に左右されるかどうかとも繋がってくる。

他人がどう言おうと、自分が良いと思ったものを曲げずに突き進む。

自信がある人はそれが出来る。

いや、自信がなくてもそうしてるのかもしれない

でもそれが結果的に自信があるという行動になっているのだ。

 

やはりプロフェッショナルは自信がないと。

自分を信じると書いて自信。

自分を信じれるように日々の努力は間違いなくしてるはず

自分の壁を乗り越えていって自信を掴み取る

 

これはスポーツや経営者、歌手や学者などどの分野においても共通してることだろう

 

もっと早くに気付きたかったね

でも気付いたからにはやらねばならない

熱も治ったし、明日から頑張ろう!